スティーブ・ジョブズ が伝える「人生から学んだ3つのこと」

スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ

ワシン㌧

どうも!ワシントン(@kazuma_tokuda)です。お願いしまーす!

アップルの創業者スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学でおこなった有名なスピーチから引用しています。今さらですが、ジョブズ自身が「人生から学んだ3つのこと」をシェアしたいと思います。

「Stay Hungry,Stay ・・」

モクメン

ワシン㌧

ちょっと待って!それオチやから!

点と点を繫げること

私はリード大学をたった半年で退学したのですが、本当に学校を去るまでの1年半は大学に居座り続けたのです。

退学を決めたことで、興味もない授業を受ける必要がなくなった。そして、おもしろそうな授業に潜り込んだのです

自分の興味の赴くままに潜り込んだ講義で得た知識は、のちにかけがえがないものになりました。たとえば、リード大では当時、全米でおそらくもっとも優れたカリグラフの講義を受けることができました。キャンパス中に貼られているポスターや棚のラベルは手書きの美しいカリグラフで彩られていたのです。退学を決めて必須の授業を受ける必要がなくなったので、カリグラフの講義で学ぼうと思えたのです。ひげ飾り文字を学び、文字を組み合わせた場合のスペースのあけ方も勉強しました。何がカリグラフを美しく見せる秘訣なのか会得しました。科学ではとらえきれない伝統的で芸術的な文字の世界のとりこになったのです。

もちろん当時は、これがいずれ何かの役に立つとは考えもしなかった。ところが10年後、最初のマッキントッシュを設計していたとき、カリグラフの知識が急によみがえってきたのです。そして、その知識をすべて、マックに注ぎ込みました。美しいフォントを持つ最初のコンピューターの誕生です。もし大学であの講義がなかったら、マックには多様なフォントや字間調整機能も入っていなかったでしょう

もちろん、当時は先々のために点と点をつなげる意識などありませんでした。しかし、いまふり返ると、将来役立つことを大学でしっかり学んでいたわけです

繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけですだから、我々はいまやっていることがいずれ人生のどこかでつながって実を結ぶだろうと信じるしかない。何にせよ我々は何かを信じないとやっていけないのです。私はこのやり方で後悔したことはありません。むしろ、今になって大きな差をもたらしてくれたと思います。

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO35455660Y1A001C1000000/より引用

人生に無駄なものなんて一つもないってことだね

モクメン

ワシン㌧

無駄だと思ってたことが、後から役に立つことがある。とにかく人生の打席に立ちまくろう!

愛する仕事をみつけること

私は若い頃に大好きなことに出合えて幸運でした。共同創業者のウォズニアックとともに私の両親の家のガレージでアップルを創業したのは二十歳のときでした。それから一生懸命に働き、10年後には売上高20億ドル、社員数4000人を超える会社に成長したのです。そして我々の最良の商品、マッキントッシュを発売したちょうど1年後、30歳になったときに、私は会社から解雇されたのです。自分で立ち上げた会社から、クビを言い渡されるなんて

1カ月くらいはぼうぜんとしていました。公然たる大失敗だったので、このまま逃げ出してしまおうかとさえ思いました。しかし、ゆっくりと何か希望がわいてきたのです。自分が打ち込んできたことが、やはり大好きだったのですアップルでのつらい出来事があっても、この一点だけは変わらなかった。会社を追われはしましたが、もう一度挑戦しようと思えるようになったのです

アップルを追われなかったら、今の私は無かったでしょう。非常に苦い薬でしたが、私にはそういうつらい経験が必要だったのでしょう。最悪のできごとに見舞われても、信念を失わないこと。自分の仕事を愛してやまなかったからこそ、前進し続けられたのです。皆さんも大好きなことを見つけてください。仕事でも恋愛でも同じです。仕事は人生の一大事です。やりがいを感じることができるただ一つの方法は、すばらしい仕事だと心底思えることをやることです。そして偉大なことをやり抜くただ一つの道は、仕事を愛することでしょう。好きなことがまだ見つからないなら、探し続けてください。決して立ち止まってはいけない。本当にやりたいことが見つかった時には、不思議と自分でもすぐに分かるはずです。すばらしい恋愛と同じように、時間がたつごとによくなっていくものです。だから、探し続けてください。絶対に、立ち尽くしてはいけません

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO35455660Y1A001C1000000/?df=2より引用

仕事が人生に占める割合が高いから、仕事を愛していないと人生の楽しさが半減しちゃうかも

モクメン

ワシン㌧

極端な話。仕事せず10年遊んでても、その間に好きなことが見つかったらそっちの方がいいかも

自分の直感に従う勇気を持つこと

私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」という言葉にどこかで出合ったのです。それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです

1年前、私はがんと診断されました

医者はほとんど治癒の見込みがないがんで、もっても半年だろうと告げたのです。医者からは自宅に戻り身辺整理をするように言われました。つまり、死に備えろという意味です。
家族が安心して暮らせるように、すべてのことをきちんと片付けなければならない。別れを告げなさい、と言われたのです。

一日中診断結果のことを考えました。その日の午後に生検を受けました。のどから入れられた内視鏡が、胃を通って腸に達しました。膵臓に針を刺し、腫瘍細胞を採取しました。細胞を顕微鏡で調べた医師たちが騒ぎ出したと妻がいうのです。手術で治療可能なきわめてまれな膵臓がんだと分かったからでした

あなた方の時間は限られています。だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。それは他人の考えに従って生きることと同じです。他人の考えに溺れるあまり、あなた方の内なる声がかき消されないように。そして何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO35455660Y1A001C1000000/?df=3より引用

ワシン㌧

「好きなもの、向いてるものは直感的に分かる」って他でも聞いたことがあります
あとはそれにトライする勇気だけ!

モクメン

おわりに

STAY HUNGRY,STAY FOOLISH

スティーブ・ジョブズは、スピーチの最後にこう締めくくりました。

ハングリーであれ 愚か者であれ

ジョブズ自身も「常にいつも、そうありたいと思っている」と言っています。

ワシン㌧

ぼくは、「満足せずに挑戦し続けろ」っていう解釈をしてます
それぞれの解釈があっていいと思うんだよね

モクメン

ワシン㌧

よし!今日は十分やったし遊びに行こー
もう満足してるじゃん

モクメン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA