いいアイデアが浮かぶ整理法【場所・行動・状態】

アイデア整理法

ワシントン

どうも!トントン、ワシントン(@kazuma_tokuda)です。お願いしまーす!

そこのあなた。会議などでアイデアが煮詰まってしまったことはないですか?

あるいは深刻に考えていたことが、ふと浮かんだアイデアで解決した経験はないでしょうか?

それらアイデアに関して「どういうところでなにをすれば、いいアイデアが生まれやすいのか」をシェアしたいと思います。

いい考えが浮かぶ三つの場所『三上』

通勤中

馬上

昔は馬の上。今なら通勤電車の中、あるいは車の中など。

枕上

枕上(ちんじょう)とは、夜、床に入ってから眠りにつく時間のように思うが、そうではなく、朝、目をさまして起き上がるまでの時間がより効果的。

厠上

厠上(しじょう)は、トイレの中。まわりから妨害されることもないので集中できる。

寝る前にあれこれ考えるのは良くないみたい

モクメン

ワシントン

寝れへんなるし

考えをまとめる三カ条『三多』

多読

看多

多くの本を読むこと。

さ多

多く文を作ること。

商量多

多く工夫し、推敲すること。

ワシントン

これは浮かんできたアイデアをちゃんとした形にする時なんかな?
アイデアの添削作業みたいな

モクメン

いい考えが浮かぶ三つの状態『三中』

散歩中

夢中

冷静に考える必要もあるが、ときには無我夢中で考えることも必要。

散歩中

散歩中にいい考えが浮かぶことは多い。身体のリズムが思考に影響を与える

入浴中

一般に入浴中は歌をうたいたくなるくらい精神も高揚する血行の促進は思考にいい影響を与える

たしかヨーロッパの思想家にも散歩学派がいたよね

モクメン

ワシントン

そういや歩いてる時にいいアイデアが浮かんだ経験が結構ある

まとめ

いかがですか?いいアイデアは意外な状況から生まれやすいというのが面白いですよね。

なにか考え事をする時やアイデアに困った時など、上記の「三上・三多・三中」をぜひ試してみたいですね。

それでは皆さん。クリエイティブな毎日を

Microsoftのビル・ゲイツも「皿洗いをしている時にいいアイデアが浮かぶ」って言ってたよ

モクメン

ワシントン

ほんまに!?ほな今から食洗機のボタン押してこよ
いや洗い方!

モクメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA