タバコは危険!?喫煙の影響と禁煙の効果

タバコ

ワシン㌧

どうも!ワシントン(@kazuma_tokuda)です。お願いしまーす!

喫煙の危険性は、もう何十年も前から言われています。

でも、「喫煙は実際どのような影響を及ぼすのか?」
そして、「禁煙はどのような効果をもたらすのか?」

今回は、TEDトーク「タバコは体にどんな影響を及ぼすか」から喫煙の影響禁煙の効果について改めてシェアしたいと思います。

喫煙をすると5000以上の化学物質が体内組織に吸収される

喫煙 ドクロ

化学物質が吸収されるとどうなっちゃうの!?

モクメン

歯のエナメル質が傷つき、虫歯になる

まず初めに、黒く樹脂製であるヤニが歯と歯茎を覆い始める。

ヤニがエナメル質傷つけ、さらには虫歯を招く

嗅覚を失う

時間が経つと、タバコの煙は鼻の中の神経終末を傷つけ、嗅覚が失われる

気管支炎や肺気腫になる

気道及び肺の内部では、タバコの煙は感染症の可能性を高めるとともに気管支炎や肺気腫といった慢性疾患をもたらす

これは、線毛(細かな毛のような構造で、気道を清潔に保つ役割を果たすもの)が傷つくことで起きる。

酸素欠乏や息切れを起こす

タバコの煙はその後、肺と血液の間にあり酸素と二酸化炭素の交換を可能にする小さな空気の袋である肺胞に充満する。

一酸化炭素と呼ばれる有毒ガスがその薄膜を通過して血液中に入り、ヘモグロビンと結合し、通常は全身に運ばれていた酸素に取って代わる。これが酸素欠乏や息切れを起こす一因。

心臓発作や脳卒中を引き起こす

タバコに含まれるニコチン及びその他の化学物質は、血管の収縮を引き起こし、血流を減少させて、繊細な血管内皮細胞を傷つける

これらの血管に対する効果は血管壁の肥厚をもたらし、血小板の接着性を高める。

心臓発作や脳卒中を引き起こす血栓が生じる可能性が高まる

ガンを引き起こすような危険な変異をDNAに引き起こす

タバコに含まれる多くの化学物質は、ガンを引き起こすような危険な変異をDNAに引き起こす。

さらに、ヒ素やニッケルのような成分は、DNAの修復を妨げるかもしれず、数多くのガンと闘う体の能力を損なう

また肺ガンだけではなく、

  • 複数の組織や臓器でガンを引き起こしたり
  • 視力を奪ったり、骨を弱める
  • 女性では不妊、男性では勃起不全

を起こす可能性が高くなる。



禁煙はすぐに そして長く続けよう

禁煙

禁煙の効果

  • 禁煙1日後には、心拍数と血圧は正常に戻り始め、心臓発作のリスクが低下し始める
  • 禁煙2日後には、味覚と嗅覚を司る神経終末が回復していく
  • 禁煙約一ヶ月後には、肺が健康になり、咳や息切れが少なくなる
  • 禁煙数週間で気道と肺の腺毛が回復し始め、9ヶ月後には回復し感染への耐性が高まる
  • 禁煙1年後には、血管の機能が改善するため心疾患のリスクが半減する
  • 禁煙5年後には、血栓が形成される確率が劇的に減少し、脳卒中の危険性は減少し続ける。
  • 禁煙10年後には、致命的な肺ガンを発症する確率は50%減少する(おそらく体のDNA修復能力が再び回復するから)
  • 禁煙15年後には、冠動脈心疾患を発症する可能性は非喫煙者のそれと本質的に同じになる

ニコチンの禁断症状と代替療法

禁断症状

  • 一時的ではあるが、禁煙が不安やうつに繋がる可能性がある

代替療法

  • ガム
  • スキンパッチ
  • トローチ
  • スプレー

これらは脳内のニコチン許容体を刺激し、他の有害物質を服用することなく禁断症状を防ぐ

  • カウンセリング
  • 支援団体
  • 認知行動療法
  • 中強度の運動

これらも喫煙者をタバコから遠ざけるのに役立つ。



おわりに

タバコの値上げ・喫煙場所の減少など、喫煙者の方には世知辛い世の中ですよね。

電子タバコやIQOSにシフトする人もいますが、この機会に禁煙という選択を考えてみてはいかがでしょう?

禁煙はすぐに効果が出て、長く続けると健康な体を取り戻せます。

さあ!今すぐ口にくわえたタバコを消して喫煙ルームを飛び出しましょう!

喫煙は「百害あって一利なし」だね

モクメン

ワシン㌧

いや、一利ある
あるかなー?じゃあ教えて

モクメン

ワシン㌧

嫌な相手を煙に巻ける…
タバコだけに!

モクメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA